性行為の成功率を上げるシアリス

シアリスを使うと、持続力や中折れなどの失敗が少なくなります。成功率が上がることで、自信を回復させることが出来ます。
効くメカニズムは、陰茎周辺の血行を促進させることで、海綿体に入る血流をアップさせて勃起をサポートする、という流れです。なぜ血行が促進されるかというと、勃起を妨げるPDE5という物質の働きを妨げるからです。そのため、PDE5阻害薬と呼ばれることもあります。
シアリスは食事の影響も受けにくく、効果の持続時間が長いことが、従来のED治療よりも優れています。
従来の薬は空腹時に飲まなければいけなかったり、脂肪分の多い食事と一緒に摂ってはいけない、などの制約がありました。しかし、シアリスは空腹時でなくても効果が得られます。正確に言えば、メーカーの発表では800kcalまでは食事の影響を受けないという事になっています。牛丼の中盛でだいたい670kcalくらいですから、これを目安にして食べる量を考えてみると良いでしょう。
効果の持続時間では、平均して36時間はもつと言われています。人によっては40時間以上もつという人もいるようです。これだけ効果が持続してくれれば、性行為の間も焦りやプレッシャーを感じずに済みます。
今までのED治療薬だと効果の持続時間が4~6時間ほどしかなく、焦ってうまくいかないという声もありました。また、食事の影響を受けるので飲むタイミングが難しいという欠点もありました。
シアリスはそれらの点が改良され、有効な治療薬として期待されています。自分はもちろん、パートナーにも満足感を与えられる画期的な薬として使えます。
ただし、狭心症の治療薬などの硝酸剤を使っている人はシアリスは使えません。